BLOG

ブログ

  • 2017.12.07スタッフブログ元寇防塁!【IMC九州】

    元寇防塁!

    元寇防塁(げんこうぼうるい)は、鎌倉時代北部九州博多湾沿岸一帯に築かれた石による防塁。蒙古襲来(元寇)に備えて築かれた。

    弘安の役の際には防塁が築かれたところからはモンゴル・高麗軍は一切上陸することが出来なかった。昭和六年(1931年)に国の史跡に指定。

    「元寇防塁」は中山平次郎の命名で、石築地(いしついじ)が本来の呼び名である。  ーウィキペディア引用ー

    https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%85%83%E5%AF%87%E9%98%B2%E5%A1%81

     

     

    週末に、子供たちにソフトテニスを教えていまして、足腰を鍛える為に、砂浜を走ることになりました。

    福岡県福岡市西区今津にある海で、朝からはしりました!

     

    その海沿いに、元寇防塁がありました!

     

    福岡の西区の海岸沿いはところどころに、このような歴史的な遺産が残っております。

    歴史に興味のある方は、是非福岡に、来てみてはいかがでしょうか!9BD358E0-2E66-4FA4-9EC8-5D5F17D8B992

    S__3137538

記事一覧へ戻る

記事一覧へ戻る