BLOG

ブログ

  • 2019.05.07IMC東京中央スタッフブログゆく時代くる時代2【IMC東京中央】

    新時代明けましておめでとうございます!東京中央です!

     

    あっ!という間のGW、皆様リフレッシュ出来ましたか?
    前代未聞の10連休ということで、長期の旅行者数が増えるという試算が出てましたが、
    結果はどうだったんでしょうか?
    私はというと遠出は鎌倉の墓参り位で、あとは専らご近所GW、自分の住んでいる町からは一歩も出ませんでした。省エネです。

     

    今年の連休最大のイベントといえば、10連休の要因ともなった改元でしょう。
    「平成」が終わり、新たな時代「令和」の始まりです。
    大晦日では有りませんが、時代末の30日に蕎麦を食べる人が結構な数いたそうです。
    年末感には私も少し同意、0時頃に福茶を飲みたくなりましたから。

     

    先程自分の町から出なかったと書きましたが、何処にも出掛けなかったわけでは有りません。
    30日と1日の二日間、其々近所のお寺と神社を訪れました。平成最終日と令和初日の御朱印を頂く為です。
    「退位の礼」と「即位の礼」はリアルタイムで見たかったので、それからの外出となりました。

     

     

    30日に訪れたのが、以前書いただるま市が行われるお寺です。
    生憎の空でしたが、これはこれで良い雰囲気。
    明治神宮では9時間待ちの行列がというから驚きですが、此方は待ち時間も含めて30分程とのこと。
    御朱印帳をお預けし、知り合いの蕎麦屋で昼食と相成りました。

     

    こちらが御朱印、通常ならだるま市が行われる2日間のみの達磨印が、
    平成最後という事で特別に頂けました。上部中程のがそれです。

     

    こちらは1日に頂いた、私の産土神の神社の御朱印。
    1日と15日は月次祭で、これまた特別仕様の見開きです。

     

    元号が改まることで、気持ちにも節目が出来ますね。
    素晴らしきかな日本!

記事一覧へ戻る

記事一覧へ戻る