BLOG

ブログ

  • 2019.03.29スタッフブログゆく時代くる時代【IMC東京中央】

    おはこんばんちは!東京中央です

    年度末で忙しい今日この頃、皆様如何お過ごしでしょうか。

     


    平成も残りあと僅か、新しい時代が幕を開ける迄1か月余りとなってしまいました。
    昭和生まれの私ですが、過ごした時間は圧倒的に平成の方が長いので、感慨深いものが有ります。
    スポーツや芸能界で活躍している方を見ると、平成生まれの人ばかりというのも、時間の流れを実感しますね。

     

    先頃発表された世論調査では、平成が「良い時代」と答えた人が73%に上ったとのこと。
    未だかつてない災害や事件が私の記憶にも刻まれていますが、私も聞かれたら「良い時代」と答えたでしょう。
    最近の世界情勢はキナ臭いものとなっていますが、新しい時代が平和で有る事を切に願います。

     

    ところで新年号はどんなものになると思いますか?
    渋谷の女子高生300人への街頭調査で、以下の様な結果が出たとか。

     

    1位:安久(5% / 回答数:15)
    2位:平和(3.3% / 回答数:10)
    3位:嵐(1.7% / 回答数:5)
    3位:安政(1.7% / 回答数:5)
    3位:大成(1.7% / 回答数:5)

     

    以外と言っては失礼か、有りそうな名前が1位に。
    2位と3位は其々別の理由で、無さそうですね。

     

    私の叔母は大正生まれなので、大正・昭和・平成の3時代を生き抜き、もう直ぐ4つ目の時代を迎えることになります。
    叔母の目には今がどの様に映っているのか、今度聞いてみよう。

記事一覧へ戻る

記事一覧へ戻る